相続放棄とは

相続という言葉を聞くと、亡くなった人、つまり、被相続人が生きている間に築き上げた財産を引き継ぐこと、というイメージが強いものです。しかしながら、相続で引き継ぐものは、財産ばかりではありません。被相続人が生きている間に作った借金も引き継ぐことになります。実際、父親が亡くなった後に、故人が莫大な借金をしていたことが判明したなどという実例もあるようです。
さて、このような場合、被相続人の作った莫大な借金も引き継ぎ、返済しなければならないのでしょうか。結論を言うと、相続放棄という方法があります。つまり、このような莫大な借金を相続して、返済する必要はないのです。mama01_l
相続の放棄は、被相続人の残したすべての財産を相続しないことです。この場合、最初から相続人ではなかったとみなされることになります。ちなみに、すべての財産とは、プラスの財産、マイナスの財産の全部ということです。そして、このマイナスの財産には借金も含まれるワケです。
なお、相続を放棄するためには、自分自身が相続人となったことを認識した時点から3カ月以内に、家庭裁判所に対して所定の書類を提出する必要があります。「相続人となった時点」ではない点に注意が必要です。